投資のノウハウとは

投資をして試算を増やす

投資信託の種類と運用利益

投資信託(ファンド)の運用目的とは、利益をあげることです。ファンドには、大きく分けてIndex型のものとActive型のものという2種類のタイプが存在しますが、特に後者のActive型のものは、その傾向が強いと言えるでしょう。すなわち、Index型のものは、日経平均やTOPIXのような株価指数に連動するわけですが、Active型のものは、この日経平均やTOPIXを上回る投資成績をあげることを目標としているわけなのです。しかし、それはリスクが高くなるということでもあります。すなわち、利益が高くなる可能性が高いと、損をする可能性も高まるわけなのです。

投資と運用の違いとは

一般的には投資と運用とは同義語と理解されていますが、両者には少し違いがあります。どちらも資金を有効に活用して利益を得ようとする行為ですから、基本的には同じなのですがリスクの程度によって差があるのです。代表的な投資は株式やFXなどで、元本割れというリスクもありますが、大きな収益も狙えます。また代表的な運用は郵便局や銀行などへの預貯金ですが、基本的に元本割れのリスクはないかわりに、わずかな利子しかうけとれません。債券はこの両者の間に位置するものといえます。国や地方公共団体が発行する公債は、倒産の心配がないかわりに利子が少なく、民間企業の発行する社債は倒産のリスクがあるかわりに利率が高いのです。目的に合わせた資金配分が重要です。

投資の運用に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP