投資で利益を得る

株式に投資をして運用益を

投資信託(ファンド)の運用実績

投資信託(ファンド)を選ぶ際には、そのファンドの運用実績を参考にすることができます。すなわち、そのファンドの過去の投資成績が良好であれば、そのファンドはこれからも有望であると判断することができるわけです。つまり、その運用会社が株式や債券の選定をするプロセスや組織の体制がしっかりとしていて、優秀なファンド・マネージャーが揃っているということを、過去の実績が照明していると考えられるわけです。ただ、それはただ運が良かっただけのことではないかと疑うこともできます。しかし、例えばファンドのアワードを受賞するには、そのような内部体制の整備も要求されています。

投資割合を考えた運用方法

株式や債券に投資をすると、一定の運用益を得ることが可能となります。株式を購入する場合には、高いリターンが望める反面で元本割れを起こす可能性も出てきます。一方、債券を購入する場合には、低いリターンしか望めない反面で元本割れを防げるメリットが出てきます。したがって、資産運用をする時には株式と債券の投資割合を考えて実行することが重要となってきます。基本的なポートフォリオとしては株式が5割、債券が5割となります。しかし、リターンを重視する場合には株式6割、債券4割にすることも可能です。また、資産防衛を重視する場合には債券の割合を増やし、株式3割、債券7割とすることもできます。

投資の運用に関する情報

↑PAGE TOP